忍者ブログ
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

担当:ナツ(HP担当)

こんにちは、ナツです。
個人的に注目している公演情報を、この場を借りて広めよう作戦です

今回はこちら!

           

『笑いの大学』  作 三谷幸喜

9/9 (土) 19:00~
9/10(日) 14:00~

富岡区民館 (東西線・大江戸線 門前仲町駅から徒歩500メートル)

料金 1000円

時は、戦時中の日本。
一人の喜劇作家と、彼の作品を検閲することになった
検閲官との息詰まる心理戦を描いた二人喜劇!

           

第一回公演に出演してくれた、浅井健二くんが出演します。
↑無表情な白衣の男と、映画三兄弟の次男をやってました。
ていうか、もう2年も前の話ですね(*_*)時のたつのは速いなあ…

私が田舎の高校生で演劇部員だった頃、顧問の先生が演劇のビデオを持ってきては、何度か鑑賞会をしていました。
その中にこの『笑いの大学』があったんですよ。
当時ピヨピヨだった我らが演劇部のメンバーは、それは衝撃をうけたものです。
シチュエーションコメディーという言葉も、三谷幸喜という劇作家の名前も知らなかった私達。
笑いにうち震えながら、新しい笑いの可能性を体感しました。
観客を笑わせるのに、おどけたり、変わったことをする必要はない。
劇中の人物が大真面目に生きようとするほど、生まれてくる笑いもある。
それを教えてくれた作品でした。

その後の地区大会で発表した、別役実の戯曲をコラージュした作品。
そりゃもう、会場の笑いをさらいましたとも。
残念ながら県大会には進めませんでしたが、審査員特別賞をいただきました。
懐かしい思い出です。
あのころの僕らは、輝いていた。

そんなわけで、この公演要チェック☆
公民館公演だから、料金も安いですしね。皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか(^O^)
PR

コメント
笑いの大学
FMラジオで三宅裕司がやってたのも爆笑モンでした。相手役は記憶に無い。
ワシが三谷作品で最初に見たのは「12人の優しい日本人」だった。
http://www.tama.or.jp/~hos/ham-sand/Work/Movie/12nin.html
【2006/08/29 22:29】 NAME[ふな蔵] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ナツ
性別:
非公開
自己紹介:
都内で活動する劇団・石神井童貞少年團の制作をしています。担当は受付・劇団ウェブサイト管理。
どうでもいいナツの日常から劇場までの道案内まで、いろいろ書いてます。定期更新じゃなくて本当にごめんなさい。