忍者ブログ
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HP担当、ナツです。週末にかけてバカ忙しく(主に趣味関係で)、あんまり更新してません。
ギャフン…。

それはそうと、第四回公演「可憐なるばっきゃろう狂詩曲」の写真が来てます!
本日はとりあえず、ちょこっとだけご紹介。

   


あっ、劇団員が一人もいない…

一枚目の写真にアップで写っている井達くん(エビちゃん・キルビルの人・ゆうメイトくん・男子学生(5役))の旗揚げ公演が、10/8,9にあるので皆さんぜひ見に行ってあげてください。(詳しくはHPの出演情報にて)
石神井新劇団員の山田聡子も出演します。

二枚目はイケメン配達員の速人さん。演じていたのは藤内正光くんです。
次回公演で前説をやってくれるとかくれないとか。期待してます。

三枚目は、二度目の主役を張ったヤスこと関位康成。
手紙、届けるつもりなんだけど…どうして届けられないんだろうね。
この写真のシーンが、一番好きでした。


おっと、公演前に「ヤス&藤内対決が胸キュン」発言をした私としては、これを載せないわけには…!!



誠に残念ながら、二人いっしょに映っている写真はなかったので、本番見た方は脳内で補って頂きたく。一応同じシーンです。

来週にはちゃんと公開出来るといいな。頑張ります。
今回、酒井さんが舞台以外の写真もいっぱい撮ってくれたので、それもUPしていきたいです。
もう、すっごいステキな写真がいっぱいなんだから!独り占めしててゴメンナサイ!


「可憐なるばっきゃろう狂詩曲」全ての舞台写真撮影:酒井浩平様
PR
始まりはそう、8月19日…確かそう、8月19日…夜。
某劇団のお芝居を見た後、やまちゃんこと山田と森田で芝居の話で盛り上がる。
すると何故か、やまちゃんそわそわし始める。

山田「あ、あの歌、す、すごかったっす。うすうす。」
森田「うん。さすがだよね。」
山田「うすうす。」
森田「飲みに行きますかあ。」
山田「あ、うす。いいっすねえ。うすうす。」
森田「じゃあ、向こうへ。」

二人、飲み屋に向かう。後姿は小人な親子のようだったであろうか。

山田「うすうす。」
森田「・・・」
山田「うすうす。」
森田「・・・」
山田「うすうす。」
森田「・・・」
山田「うすうす。」
森田「・・・」
山田「うすうす。」
(注:これは飲み屋に向かう二人の会話である。
感情移入という最強のエゴで成立する究極の二人の会話である。)

山田、ドンドンSOWASOWAし始める。

山田「あぁ…え、あぁ…う…あぁ…う、うすうす。」
森田「・・・」

森田、首がすわらない。山田、そわそわ絶好調。(^_-)bあ、絵文字間違えた。

山田「あぁ、あ、あの…あぁ、い、いいなあ…う…でも…うすうす。」
森田「・・・」
山田「うん、い、いいなあ…あ…でも…うすうす。」
森田「・・・」
山田「あぁ…わ、私もー石神井の劇団員になりたいっすー。うすうす。」
森田「・・・」

そして、時は月末。第一回石神井会議inファミレス。
石神井の面々が熱い議論を血しぶきとともに繰り広げている。
そんな中、明らかに劇団員でない山田がいる。
山田は食事も喉を通らず小さな体をさらに小さく折りたたんでいる。

音響「誰か僕を論破して下さい!」
議長「おまえはもう説教だ!」
小道具「(レジュメを読みながら)役割分担はこうこうこうするといいと思います。」
主宰「あれレジュメそのまま読んでるだけだよね。」
音楽「その意見はちょっと先に進みすぎているんだよ。」
HP管理者「あ、そ、そろそろ私、時間が…」

そして山田。

山田「私、石神井の劇団員になりたいっす。なりたいっす………うすうす。
議長「どんどん声、小さくなってるけど。」
全員「・・・」
議長「反対はいないようだねえ。じゃあ、山田。夜露死苦。」
山田「うすうす。」
議長「ふっ。ざっとこんなもん。23時前終了。」
小道具「すげーーー。」
主宰「ダンケ。」
音響「あ、これ残ってんの食べていい。」

山田、胸に手をあて、かわいらしくホッとしたのサイン。
こうして、山田は石神井童貞少年團に入團したのであった。

担当:美咲(役者)

ニュースです。石神井はニュースの連続です。
ナツが分かりやすくがっつりHP更新してくれましたが、とりあえず……

<劇団員が増えました>

田中あやこ。石神井OL同盟。
彼女が劇団員となった様子を、実況中継したいと思います。

8月某日、都内居酒屋にて、石神井童貞少年団第4回公演の内打ち上げ兼精算会が行われる。
お酒も入りだんだん熱くなってくる石神井女子たち。

西入「だからさ!今回の公演はさ!ここが駄目だったと!思うんだよね!!」

松「でも私は、今って、そういう時期かなって思うんだ。」

なつ「ごめんね。私も悪いの…」

森田「ねぇねぇ次どうしようか!?」

客演様たちの若干ひいた視線の中、次第に劇団反省会が盛り上がってゆく一区画。
ふと気付くと、何故かそんな中にぽつんと座っているでんちゅうさんの姿があった。
うむうむと興味なさげにうなずくでんちゅう。

西入「ちょっとどう思います!?でんちゅうさん!」

でん「えっ……」

松「でんこ!腹黒いな!でんこ!」

でん「えっ……」

森田「でんちゅうさん、なに飲みます?でんちゅうさん!」

でん「あ…はい。」

皆「でんちゅうさん、もう劇団員なっちゃいますか、デンチュウサン!!」

でん「え……あ、はい。」


その後、ずっととてもお世話になっているふな蔵さんが、契約劇団員として石神井に所属してくれることが決定し、テンションがマックスにあがった劇団員たちの奇声が店中に響き渡ったのでした。


いやぁ、これは上がる。テンションあがりまくる。

でんちゅうさん、ふな蔵さん、これからますますどうぞよろしくお願いします。

もちろん、石神井は誰でも彼でも劇団員に誘うわけではありません。石神井にとって必要である、欲しい人材。一緒に頑張っていきたいと思う方をお誘いするのですから、承諾してもらええたら、こんな嬉しいことはありません。
告白してOKもらったみたいなもんです。つきあっても、イイヨ、みたいな。まじでぇ~!?となります。

よし、頑張るぞ!
西入は今年いっぱい、めいっぱいタイトな予定ですが、頑張れそうな気がします。

よかったら9月の公演見に来てネ。
本日の担当:ナツ(HP管理人)

見て頂ければわかりますが、出演&客演する人たちの写真を載せてあります。
これで名前を覚えてない役者さんの公演も、一目でわかっちゃいます!
「あの人面白かったな~」「あの人の他のお芝居も見てみたい
そんな時のための出演情報。
ぜひご活用ください。

チケットの予約などに関しては、直接役者にコンタクトするか、各劇団にお問い合わせくださいね。
石神井では扱ってませんので(言わなくてもわかるか…^^;)



どうでもいい話ですが、自分の最近の写真がなくてマジで途方に暮れました。
仕方なくセーラー服。しかも去年の写真。(現在20代半ばですが何か?)いや、…公演写真です。
えー、若干気まずいです。
稽古写真とかも、自分が撮影担当だからモブすらないんですよね。
そのうち近影に差し替えますので、それまでは笑ってやってください…。


担当:ナツ(衣装)

本日のびっくりニュースです。
前回公演「可憐なるばっきゃろう狂詩曲」で主役をはってくれたヤスがいますね。
彼が所属し、「喧華はなうた」に出演の三川克久さんが主催する「凸劇自遊時間」の次回公演、



『LITTLE GREEN』

9月22日(金) ~ 9月24日(日)
アルシェにて(〒166-0011 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-36-15レオビルB1)
 JR中央線 阿佐ヶ谷駅から徒歩4分
 地下鉄 丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩6分

9/22金 19:30
9/23土 14:00 19:30
9/24日 13:30 18:30

作=小島久実 演出=三川克久 音響=日野大 
出演=沖島 実子/関位 泰成/三川 克久/金箱 崇政(ワイルド・カシューナッツ)/栗山 和也/上杉 愛/星 龍平 ほか



の、衣装を担当させて頂くことになりました。わー。

石神井や国大劇研の衣装はやったことがありますが、今回完全に外部のお手伝いをすることになり、かなりガクガクしております。
というか、お手伝いって言うか、仕事?(怖)
…超がんばってきます。

凸劇は、舞台がパラレルな感じなので、衣装もいつも楽しみにしてたのです。
ま~、自分に作らせてもらう日が来るとは思いもよらず。
制作期間があんまりないから、計画的にやらねば…。

『LITTLE GREEN』には、ヤスと三川さんはもちろん、「可憐」にでてくれた星さんや、制作チームの上杉さんも出演します。
今からスケジュールに加えておいてください♪


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ナツ
性別:
非公開
自己紹介:
都内で活動する劇団・石神井童貞少年團の制作をしています。担当は受付・劇団ウェブサイト管理。
どうでもいいナツの日常から劇場までの道案内まで、いろいろ書いてます。定期更新じゃなくて本当にごめんなさい。