忍者ブログ
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

担当:みさき

おすましし終わりましたね。
森山田さん、お疲れさまでした!
そしてご来場いただいたお客様方、本当にどうもありがとうございました!!

今回はヴィオロンという素敵な場所の雰囲気の中で、なんだか不思議な空気の漂う公演でした。
40分1000円というお手軽さのためか、当日とびこみのお客様もいつもより多く
、WADSのアンケートにも皆様快く答えて下さって本当にありがたい事です。

店員役の山ちゃんが店のおじさまと話している姿が、まじ店員のようでした。
そしてお姉ちゃんという存在は、世代を問わず憧れの象徴なのだなと思った公演でした。

劇団員女子一同、当日はスタッフに勤しんでいたのですが、慣れた様子でてきぱき働くナツさんと、さりげなくそわそわしている山さんが可愛らしく、そして相変わらず目立たぬところで地味に作業しているデンチュウなのでした。
西入は、WADSから提供されたコンドームをせっせと配り続けた二日間でした。
もちろん余りは全ていただいて帰りました。私と山田が。

初日飲みには、喧嘩はなうたや女のいろあや戯画に出演してくれたっむっちゃんが急遽来てくれたり、楽飲みは劇団員のふな蔵さんや後輩の待村さんが来てくれたりして、なんやかんや楽しい公演でした。

来月はザムザ阿佐ヶ谷で、去年もやった「鈍底」の客演があるので、ヴィオロン行ってコーヒー飲もうっと。
とさりげなく来月の告知。
ブランデー入りのコーヒー、大人の味でおいしいんですよ!
PR
担当:美咲んぐ(役者)

久しぶりに見てきましたよ~。水族館のテント!
いやいや、期待を裏切らない面白さでした。
もうすぐ終わっちゃうけど、見る方には是非前列に座ることをおすすめします。
気分は、スプラッシュマウンテンだね。
会場で偶然会った、ダルカラの谷さんとびしょ濡れになりつつ楽しみました。
真ん中の席でビール飲みながら見てるロンゲのおじさんとか、二階席?的なパイプの上から覗き込んでる子供達とか、幕間の舞に合いの手を入れる熟年カップルとか、また幕間に入るびっくり人間的な見世物芸とか…。会場全部がアミューズメントな感じでね、なんか。
休憩あけにセット完全に組み変わってるわ、最後は例によって後ろバーンの水ドーン!!みたいな。
すごいっすね、あれ。
あの会場の変な一体感は、テントを建ててる時から作ってく世界観なのかなぁ。
エンターテイメントとかより、お客さんへの気持ち?うまく言えない。
でも楽しいのだけは間違いない。
一度見る価値あり、です!!

ミサイルさんはかっこよかったですよ。
凸劇自遊時間 本公演 vol.19
『Mono Crow モノ・クロ』

金曜から日曜までの公演です。
いい話を見たい方は江古田ストアハウスへ走れ!!

なんだか以前もちろっと書いたのですが、わたくし斎藤鳴子が衣装を担当させて頂いております!


思えば18歳くらいの頃に自分の着るものを作り始めて、今年で8年になります。
とはいえちゃんと勉強したわけでもなく、年に1、2着のペースでずいぶんのんびりやっていました。

初めて人に着せる服を作ったのは大学3年生の時で、「天球」「はなうた」にも出てくれた松澤ミノルの舞台衣装でした。長期入院している少女の役で、ネグリジェっぽい服だったのですが、採寸したサイズピッタリに作ったらものすごくセクシーになってしまって焦りました。
慌ててゆるいラインに直したのをよく覚えています。本でよく見る「ゆとり」というものを、その時身をもって学んだわけです。(今でもあまりよくわかってないんですが)
体に合わせるだけじゃ、ダメなんですね…難しいです。

何というかとにかく素人なので、「可憐なるばっきゃろう狂詩曲」で作ったベスト(郵便局の女の子たちが着てたやつ)を作ったときはものすごく時間がかかりました。ちょっとくじけそうでした。
あと、郵便屋さんの帽子もくじけそうでした…。
もう一回やれって言われたら、同じくらい時間かかりそうです。

凸劇の衣装はちょこっとファンタジーなので、あまり現実っぽくせず作れて楽しいです。まあ、最後の方に考えた衣装ほど細部に凝ってしまい(デザインが枯渇してくるから…)自分の首を絞めることになるのですが。
今回もヒィヒィ言ってました。
ボタン付けだけで(数が多くて)4時間かかったりとか…。
消耗してる時にやるから、余計時間かかるんですよねえ。


という具合にいつもくじけそうになりながら作っていますが、舞台で役者さんが着て動いているのを見ると、えもいわれぬ達成感を覚えるのであります。
作り物は楽しいですね。
クリスマスです!たなか(・_・)です!!

『今年はボーナスなし!』
という社長の脅しにも耐えて過ごした下半期。
なんとかボーナスも無事頂き、
仕事納めまであと3日となりました…パチパチパチ

今年は特に頑張ったぞ、私。

2006年は人生のターニングポイントになるだろう1年だったのではと思う今日この頃。
まさかの8月公演出演に、まさかの劇團メンバーに。
人生何が起きるか分からない!

2006年の悲劇…とならないように、
今年を活かした人生を来年も送りたいと思います!

ちょっと早いですが、良いお年を!!

どうも、石神井のくたびれOL、田中あやこ(でん子)です。

観劇日記が続いておりますが、負けじと私も書きます。

観てきました!『劇団、本谷有希子』in青山円形劇場!!最近話題の本谷有希子。


どんなもんか楽しみに行ったのだが、
期待を裏切らない楽しさで、久々に潤いました

結構自分の人生にリンクするところもあって、
台詞の一つ一つが痛かったけど、
あの独特な病み具合は、癖になりますね~。
まぁ、隣のヒトは寝てましたけど…

役者も魅力的で、笑いを狙ってないのに、舞台上の人物の真剣さ具合で
場内からは笑いが生まれるという、私が理想とする形の演出で満足♪♪

でもあの世界観は女性向なのかな~
男性の意見も聴いてみたいです。

それにしても円形劇場はイイ雰囲気の劇場だなァ・・・



忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ナツ
性別:
非公開
自己紹介:
都内で活動する劇団・石神井童貞少年團の制作をしています。担当は受付・劇団ウェブサイト管理。
どうでもいいナツの日常から劇場までの道案内まで、いろいろ書いてます。定期更新じゃなくて本当にごめんなさい。