忍者ブログ
[70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

凸劇自遊時間 本公演 vol.19
『Mono Crow モノ・クロ』

金曜から日曜までの公演です。
いい話を見たい方は江古田ストアハウスへ走れ!!

なんだか以前もちろっと書いたのですが、わたくし斎藤鳴子が衣装を担当させて頂いております!


思えば18歳くらいの頃に自分の着るものを作り始めて、今年で8年になります。
とはいえちゃんと勉強したわけでもなく、年に1、2着のペースでずいぶんのんびりやっていました。

初めて人に着せる服を作ったのは大学3年生の時で、「天球」「はなうた」にも出てくれた松澤ミノルの舞台衣装でした。長期入院している少女の役で、ネグリジェっぽい服だったのですが、採寸したサイズピッタリに作ったらものすごくセクシーになってしまって焦りました。
慌ててゆるいラインに直したのをよく覚えています。本でよく見る「ゆとり」というものを、その時身をもって学んだわけです。(今でもあまりよくわかってないんですが)
体に合わせるだけじゃ、ダメなんですね…難しいです。

何というかとにかく素人なので、「可憐なるばっきゃろう狂詩曲」で作ったベスト(郵便局の女の子たちが着てたやつ)を作ったときはものすごく時間がかかりました。ちょっとくじけそうでした。
あと、郵便屋さんの帽子もくじけそうでした…。
もう一回やれって言われたら、同じくらい時間かかりそうです。

凸劇の衣装はちょこっとファンタジーなので、あまり現実っぽくせず作れて楽しいです。まあ、最後の方に考えた衣装ほど細部に凝ってしまい(デザインが枯渇してくるから…)自分の首を絞めることになるのですが。
今回もヒィヒィ言ってました。
ボタン付けだけで(数が多くて)4時間かかったりとか…。
消耗してる時にやるから、余計時間かかるんですよねえ。


という具合にいつもくじけそうになりながら作っていますが、舞台で役者さんが着て動いているのを見ると、えもいわれぬ達成感を覚えるのであります。
作り物は楽しいですね。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ナツ
性別:
非公開
自己紹介:
都内で活動する劇団・石神井童貞少年團の制作をしています。担当は受付・劇団ウェブサイト管理。
どうでもいいナツの日常から劇場までの道案内まで、いろいろ書いてます。定期更新じゃなくて本当にごめんなさい。