忍者ブログ
[74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

担当:ナツ

こんにちは、最近は制作チームにひっそりといるナツです。

それはそうと、今回も衣装をちらっと作っております。
今回は2着で、しかも「こんなかんじ」指定しか貰ってないので結構自由なのです。たーのしーい!
どんな衣装かは企業ヒミツですが。ウフフ。

さて、ここで「アレ?」って思った方。
そうです、今回の公演と同時開催の服飾個展「千紫万紅」の鈴木景子さんが、公演に衣装提供してくださるのです。
で、その提供衣装とはまた別に、私が作っているというわけで。
まあでも、私の方は小道具に近い感じです。(=サイズとかテキトウなので楽っていう噂)
さらに、大方の役者陣は自前の衣装。
そんな感じで、渾然一体となっている石神井の衣装事情なのでした。


そして、この間書いたボディさんがとてつもなく役に立っております。
彼女がいなければ、縫っては自分で試着、また縫っては…と恐怖の試着地獄におちいるところでした。(前回の郵便局ベスト制作はまさに試着地獄でした)
寒い時期はホントにめげます。試着…。(上着をその都度脱がなきゃならないから)
でもボディがあれば!自分は厚着できるんですよ!素晴らしい!!

使ってみて初めて知ったのですが、洋裁用のボディって、表面に麻布が張ってあるので布がずれにくいんですね。
けっこう強く摩擦してくれるので、つるっとした布(サテンとか)以外は引っかけるだけで「着てる」感じに見えて、とても作業しやすかったです。ありがとうボディさん!

ちなみに私のボディさんは「キイヤ」というメーカーの芯地張りボディです。これは家庭向けの簡易型ボディで、軽量で初心者にも使いやすいんだそう。
たしかに我が家に到着して初めて持ったとき、ものすごく軽いのでびっくりしました。布と紙でできていて、中はからっぽなので軽いみたいです。
スタンドに装着して、ちょっと触っただけでくるっと回転します。そのくらい軽い。色んな角度から見たいときに、鏡を見ながらくるくるできるので「あ~、こりゃ便利だ」と思いました。
なんでこれを選んだかというと、ある洋裁サイトでおすすめされていたからなのですが、他のメーカーとくらべて首のとこのデザインが可愛い!というのも決断材料でした。首なんてホントに作業とは関係ないのですが、可愛い方がよかったんだよ…うん。

キイヤの芯地張婦人ボディ
日本橋にある服飾材料のお店、孝富のオンラインショップ内のページ。
良心的なお値段で、発送もあっという間でした。
実店舗には行ったことがないのですが、オンラインショップでもかなり(ウインドウショッピングを)楽しめます♪
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ナツ
性別:
非公開
自己紹介:
都内で活動する劇団・石神井童貞少年團の制作をしています。担当は受付・劇団ウェブサイト管理。
どうでもいいナツの日常から劇場までの道案内まで、いろいろ書いてます。定期更新じゃなくて本当にごめんなさい。