忍者ブログ
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

担当:美咲(役者)

先ほど初めてMIXIというやつをじっくり見てみました。石神井のコミュニティにもいってみました。そこで皆様に一言!

「童貞とはなんだ」

若井君のなげた質問がありましたよね。そこに書いてある文章に私正直愕然としました。

女性人のみんな浅いよ。童貞に対する理解が浅すぎるよ。
私は、自分が童貞だった事がないとは思いません。童貞とは、誰しも経験してきた時なのです。

私は童貞とは、すごいパワー、わけのわからない混沌としたエネルギーだと思っています。例えるなら、ブラックホール、小宇宙。理屈ではなく本能で感じる力、無知で純真で不安で、一人よがりでかってな、他者と自分に対する妄想や憧れや嫌悪感。人は童貞でなくなる時、世界の仕組みを知り安心するのと同時に、自分の中にあった一番純粋な何かを失うのではないでしょうか。

中学二年生の放課後に、エロ本読んでた頃が一番楽しかったとかいうじゃない。

私は小六のクリスマスの朝にサンタさんはいないんだと知りました。
本当はいるのかいないのか。友達に話したら馬鹿にされるだろうか。でも、毎年プレゼントは置いてあるし。なんでだ、なんでなんだぁぁ!!ずっと悩んでいた答えがやっと解り、とてもすっきりするのと同時に何だか寂しかった気持ちを覚えています。

だから私は童貞少年団て名前はいいと思うんです。童貞も少年団も、どっちも夢や浪漫を感じるし、でも滑稽で、取り繕おうとしていなくて。

舞台に必要なものは、生命力とエネルギーです。気取った芝居なんて見ても面白くないんです。(と私は思う。)そして私たちは観劇をする客ではなく、発信・提示していく表現者なのですから。そんな外からの意見いらないんだよ。
我々は童貞を批評する一般的な女としてではなく、自らが永遠の童貞少年として、滑稽ででも愛しい存在になっていかなくては、この名前の意味がないかと思うんです。

童貞について語るなら、他人の経験を並べても意味はない、自分自身の童貞体験が聞きたいですね。
PR

コメント
僕の投げかけた質問から波紋が生まれてうれしい。
おお、美咲んぐ(女優)が怒り狂ってらっしゃる。大変だ。
女性なのですから、童貞への理解が浅くても当然なのですが、理解が浅いのなら、童貞少年団なんて名乗るべきじゃない、と僕は思っていたのです。だから劇団名変えようと必死に言っていたわけなのです。

美咲んぐ(女優)の言う、童貞的な純粋でエネルギーに溢れた時期は女性にもあるはずだぜ!そしてその童貞的なエネルギーを感じる集団にしたい!ということには賛成です。


【2006/09/27 15:56】 NAME[わかい] WEBLINK[] EDIT[]
いろいろ考えた末
美咲んぐ、深い文章ご馳走様です!!
パソ前で小一時間じっと暗闇の中悶々と考えあぐねた結果、思ったんだけど、
私かなり童貞だと思うのね。
この劇団で一番童貞だと思うのね。
主宰で作演やってて正解だと。
もちろん、わかい君に言われるようにそれは違います!!って部分もたくさんあるんだろうけど、
そんなことも含めてかなり童貞だと思った。
ちなみに、そうやって考えていくと、まだまだいろいろ議論の余地がありますなあ。この議題。
【2006/09/28 01:33】 NAME[金魚] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ナツ
性別:
非公開
自己紹介:
都内で活動する劇団・石神井童貞少年團の制作をしています。担当は受付・劇団ウェブサイト管理。
どうでもいいナツの日常から劇場までの道案内まで、いろいろ書いてます。定期更新じゃなくて本当にごめんなさい。